2009/12/25

喫茶プランタンのプリン・ア・ラ・モードは最低でも2時間前に予約が必要

JR天満駅の南側には、天満南街商店街という天神橋筋商店街に寄り添うようにして存在している商店街があって、そこに、喫茶プランタンというお店があるのでした。

僕はどこに住んでも、まず行きつけの喫茶店をつくる人間なのですが、いろいろと条件があって、珈琲が美味いこと、接客が真っ当であること、新聞が置いてあること、おしぼりが用意されていること…、ま、いろいろとあります。もちろん、珈琲の値段も安いことと、居心地がいいことも。

で、プランタンというお店は、ほぼすべての条件を満たしてくれていて(残念ながらおしぼりはないけどね)、天満に移り住んでからというものかれこれ7年、このお店に通い続けています。

今では仕事の前線基地のようにして使っていて、アイデアに煮詰まれば気分転換に来、仕事の打ち合わせといえばここに来、朝の、昼の、夜の一杯といえばここに来、といった具合。
それこそ、「毎日プランタン」とか「今日も明日もプランタン」とか、そういうタイトルでブログをつくることもできるほどですわ。

自家焙煎の珈琲はその日の気温や湿度やその他諸々、さまざまな要素を加味して出てくるので、マニュアルなど一切通用しないところでつくられています。接客もまた、しかり。職人であり、商売人であり、いたるところでプロ魂を感じさせてくれます。
机をドン!と叩いて断言してもいいですが、このレベルのお店は、ちょっとないですよ。

チェーン店では絶対にありえんような素晴らしい光景が、この喫茶店では、毎日のように繰り広げられています。ここのレベルに慣れてしまうと、他の店には絶対に行けませんな。そして、珈琲一徹の頑固オヤジが無愛想にやってるお店とも、ひと味違います。ただ、そーゆーことを書き出すとキリがないので、それはまたべつの機会に譲るとして、今回は違う話を。

僕は、明けても暮れても珈琲のホットしか注文しないので、それこそ、顔を見ればさっとホットの珈琲が出てくるような塩梅なのだけれども、このお店の名物は、他にもいろいろありまして、強烈なのはパフェ類ですわ。
僕自身が注文することはないものの、パフェ類を注文しているお客さんは多いので、テーブルにデン!と置かれていたり、製作過程を横目で見ることは、なんぼでもあります。

とにかくですな、デカい☆ で、豪華。
こんなもん、ひとりでどーやって食べるんだ?ってシロモノです。

大体、このお店のマスターは、大好きな甘いものを毎日でも食べたくて喫茶店を開いた、と言われている方ですから、自分が食べたいものを!って感覚が、素直に反映されていると思うんですが、それにしても、デカい(笑)

ほいで、パフェはともかくとして、このお店のことは、このブログをはじめたときに真っ先に書かないと!と思っていたのですが、なんとなく機会を逃していたところ、お知り合いがですな、どっかのブログでこのお店のプリン・ア・ラ・モードを知り、食べたい!となって、お付き合いしたので、じゃ、手はじめにそれを書こうか、と。というか、同伴のお知り合いがですな、早く書け!と(笑)ただ、僕は注文してなくて、横からひとくちいただいただけなのですが…(笑)
ちなみに、お店の人は、プリン・ア・ラ・モードはつくるのが大変なので、ブログでは紹介しないでください…、などと言ってらっしゃいましたが、読者の要望があったので、そっち優先で(笑) 悪しからず~。



明けても暮れてもホット珈琲の僕なので、プランタンのプリン・ア・ラ・モードのことは知らんかったのですが、これについては最低でも2時間前に予約を入れないとダメらしいです。
というのも、プリンからつくるから。
喫茶店のパフェで、プリンからつくってるお店って、聞いたことないです…。
で、電話で事前に予約を入れて、約2時間後、お連れさんご一行様で、お店に登場したのでした。

で、出てきたのが、これ(笑)
プリン・ア・ラ・モード、980円。




器の口径がでかすぎます(笑)
手をいっぱいにひろげても、まだ余る(笑)
底にはアイスクリームが敷き詰められていて、自家製プリンが真ん中にドンと鎮座していて、その周辺を生クリームがデコレートされていてキャラメルがかかっていて、フルーツが四方八方に伸びていて…、どっから手をつけたらいいんですか、これ?
器がバカみたいにでっかいのに、なーんで、フルーツがそっからはみ出してるんですかっ!
なんか…、戦艦とか空母とかを連想してしまうのは、僕だけか?


3人の婦女子さんが3個注文したので、テーブルがこんなことになってます。。。



ちょこっとだけおすそ分けをいただいて、僕はずーっとタバコの煙をくゆらせて眺めておりましたが、婦女子さんたち、甘さが控えめなので、全然食べられる!と言いながら、パクついておられました。。。

いやー、婦女子さんたち、これをひとりでさらえるんだから、とんでもないですな(笑)





ということがあったのが、約1ヶ月前。
今日はクリスマスなので、僕もいっちょ、プリン・ア・ラ・モードを注文してみようかしら、と、思わないでもない今日このごろ。でも、ひとりで食べるのはムリやな。。。。。


というわけで、プリン・ア・ラ・モードじゃなくて、プリンを注文してみたら、こんなん出てきました。普通は、これをプリン・ア・ラ・モードと呼ぶのではないか?(笑)







そうそう、お店の人は、お犬さん同伴アリ☆の、ペットを飼ってらっしゃる方にとっては、貴重な貴重な憩いの場にもなっています☆







大阪市北区天神橋4-4-1
tel 06-6358-3106
平日 / 7:00-22:00 日曜 / 9:00-18:00
無休(年末年始除く)

0 件のコメント:

コメントを投稿