2009/12/09

リッツ・カールトン大阪の超ど級クリスマスツリーとお菓子のビレッジ

特にイルミネーション好きというわけでは全然ないのだけれども、今、北区内のクリスマスのデコレーションやイルミネーションを撮影し倒していて(12/17~12/19、3日連続でアップします☆)、すでに食傷気味のルイスなのですが、リッツ・カールトン大阪のそれを見たときだけは、ちょっと心躍りましたです。

ここだけは、大阪らしさ皆無というか、センスが完全にヨーロピアンスタイルなので、軽さというものがまったくなく、とてもとても重厚で、他とはひと味違います。


館内に飾られたツリーは合計で85本! 圧巻のひとことです。ツリーだけじゃなくて、いたるところに、クリスマスチックなデコレーションが施されていて、それがことごとく重厚で、見応えたっぷりですわ。もともとが重厚な内装のリッツ・カールトンなので、とてもとてもマッチしてます。

で、フロント前のレセプション・ロビーに飾られたのクリスマスツリーがド迫力で、深紅、2種のピンク、チョコレート色、赤のブリザーブド・ローズが1200個、散りばめられています。制作費、なんぼかかってるんだか!



ブリザーブドフラワーは、ドライフラワーとも生け花とも違った風合いがあって、瑞々しさと柔らかさが同居しているような、不思議な印象を与えてくれますな。
各地でイルミネーションを中心にしたデコレーションが競われているなか、ここのクリスマスツリーはイルミネーション勝負とはべつの土俵に存在してますわ。これを見るだけのためにリッツ・カールトン大阪に足を運ぶ価値は、あると思います。

それとですな、このツリーの横には、ヨーロッパの山間のビレッジを模したジオラマが展示されているのですが、似たようなことを、ヒルトンホテルでもやってましたね。


ヒルトンホテルのは鉄道模型に主眼が置かれていたけれども、リッツ・カールトン大阪のそれは、鉄道こそ1本走っているけれども、主眼は、風景全体ですね。
ほいで、このジオラマ、ぜーんぶ、お菓子でつくられてます!なので、「お菓子のビレッジ」もう、スイーツ好きな婦女子さんにはたまらん風景かと(笑) 

9月の半ばくらいから企画がスタートして、製作に要したのは15人がかりで1ヶ月半。カビ対策だとか、どーやったんだろか?ってくらいの大作です。

HPに詳細が載っていて、
クッキー生地20kg
雪に使った砂糖10kg
屋根にパスタ800g、アーモンド1.2kg、ヘーゼルナッツ500g、ピスタチオ200g、マカロン200個、金平糖100個、ラムネ115個
湖水に砂糖3kg
ビレッジの住人と動物にマジパン5kg

…とんでもないですな(笑)









これぜーんぶ、お菓子。ヒルトンホテルのジオラマよりもリッツ・カールトン大阪のジオラマのほうが、夢があって、ウキウキします。


そうそう、cannonとリッツ・カールトン大阪がコラボレートしていて、このクリスマスデコレーションをテーマにしたフォトコンテストを実施しています。参加無料、無料プリントサービス(1枚)あり、カメラの無料貸し出しあり、1泊朝食付きペア宿泊券ほか、賞がいろいろ用意されてます。
詳しくは、こちら。(pdfが開きます)




リッツ・カールトン大阪のクリスマスデコレーションは、12/27まで展示してます。




リッツ・カールトン大阪
大阪市北区梅田2-5-25
tel. 06-6343-7000
HP http://www.ritz-carlton.co.jp/
※クリスマスデコレーションは12/27(日)まで

0 件のコメント:

コメントを投稿