2010/01/13

いつも誰かがお百度を踏んでる太融寺の人気者、一願不動明王




今回は、人気者のお不動さんについて。




かつては広大な境内を誇った太融寺も現在はこじんまりしたスペースに所狭しとお堂がたくさん固まっていて、そのなかに、朱塗りの宝塔があります。境内の東北隅の奥まった、本当にごちゃごちゃと堂宇が重なるようにして固まっているところの一角です。

その堂宇群のなかの宝塔の第一層、つまり1Fに、不動堂があり、ここに、一願不動明王が安置されてます。

太融寺は空海建立の真言宗のお寺さんなので、真言宗の根本尊である大日如来の化身であるところの不動明王を信仰の対象にするケースが、多々あります。日本では、この傾向が特に強いですな。

さて、太融寺は飲屋街にあることもあって、わりとがちゃがちゃとしたお寺さんですが、一願不動明王が安置されている場所には陽の光が直接届かないためにほの暗く、後ろの岩屋の上からは糸のような滝が水を落としており、一種独特の神秘的な雰囲気を醸し出してます。

太融寺にはいろいろと人気者がいらっしゃるのですが、この一願不動明王は、そのなかでもトップクラスの人気を誇る仏さんです。
元来は、あらゆる災難を信心する人に変わって引き受けて、悪病や厄鬼を取り押さえ、宿願を成就させてくれる仏さんですが、一願とあるとおり、願いごとをひとつ叶えてくれる仏さんとして、大変人気があります。

お香が絶えず、このお不動さんの周りをグルグルとまわって、お百度踏みの代わりとしている人も、たくさんいらっしゃいます。
今回も、写真を撮ろうとして訪れたのだけれども、お百度を踏む人が入れ替わり立ち替わりやってこられて、しびれを切らせてシャッターを押しましたから。




さて、このお不動さん、じつは二代目でして、初代は、第二次大戦の大阪大空襲で焼け落ちた瓦礫のなかに横たわっていたものを掘り出したあと、奥の院に安置し、現在は秘仏となってます。
現在の二代目さんは、戦後に再刻された石像のお不動さんです。


ところで、お百度は人に見られないように行なうと効果があるといいますが、ここだと、誰にも見られないわけにはいきませんな(笑)




太融寺
大阪市北区太融寺町3-7
tel. 06-6311-5480
拝観無料
HP http://www.evam.ne.jp/taiyuji/

0 件のコメント:

コメントを投稿