2010/02/06

天神さんの梅


この時期、大阪天満宮の本殿に梅の盆栽が飾られてます。
例年のことで、今年もボチボチかなあ~、と思って、近所まで行った折りに立ち寄ってみたら、ビンゴでした☆

この梅の盆栽は、なんじゃこら!ってくらいにデカい盆栽で、盆栽のくせに、僕の背丈よりデカいです(笑)

左側の白梅が「唐衣」。右側の紅梅が「あけぼの」と命名されてます。まだ時期がちょっと早いのか、ほとんどツボミだけれども、満開になると、なかなかあでやかな梅なのですよ。例年通りだと、今月の下旬くらいが見頃ですかね。ちなみにこれ、昨年は、左右逆に置かれてたぞ(笑)





あけぼのが樹齢約110年で、唐衣は樹齢280年ですと。280年って、江戸時代の徳川吉宗の時代の生まれですやん…。

それにしても、浅くしか根の張っていない鉢植えの梅で、しかもこのサイズで、よくもまあ長生きしたもんですな。僕は盆栽のことはなんも知りませんが、ここまで生かすのには、気の遠くなるような丹念な手入れが必要でしょうに。

なんかね、射抜かれた気分でしたよ。
どんな梅もそうだけれども、樹肌にね、修羅場をくぐり抜けてきたような逞しさを感じますね。
枝もね、よくもまあここまでというほどに、あらゆる方向に伸びていきます。それが、わがまま放題に伸びたというよりも、その方向に伸びざるを得なかった逞しさのようなものをね、梅からは感じます。
その、自然のしぶとさ、荒々しさのようなものがね、梅にはありますな。







大阪天満宮
大阪市北区天神橋2丁目1-8
tel. 06-6353-0025
HP http://www.tenjinsan.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿