2010/04/16

白菜の浅漬けで超簡単な一品を


浅く漬けた白菜の漬物が手に入ると、1cm刻みくらいの幅でザクザクと刻んで、ボウルに入れて、ショウガをおろして混ぜます。ショウガの量は好みだけれども、僕はショウガが勝つくらいの量を混ぜます。
次に、ボウルにちりめんじゃこを投入。
上からレモンを絞り、醤油を数滴垂らして、全体をまんべんなくかき混ぜながら、手で軽く揉み込みます。で、完成。ものの10分でできます。

夏は特に美味いですが、冬でもコッテリしたものを食べたあとに美味いし、オールシーズンいけます。お茶受けにもなるし、もちろん、ご飯の友にも。

これ、よくつくりますねん。
浅漬けだからそんなに日持ちはしないけれども、つくったそばからボリボリ食べてるんで、すぐになくなる。

いつもは天満市場近辺の行きつけの漬けもん屋で白菜の漬物を買ってきてつくるんですが、先日、ここのも美味いから行ってみ!といわれて、チャリを飛ばしていったのが、天神橋北詰のすぐ東にある、菅原町の横田漬物店。


屋号を書いた看板は出てるんですが、店先に漬物が並んでないのは、卸専門でやってるからです。
でも、いえば、小売りもしてくれます。白菜、ナス、キュウリしかないけど(笑)

で、白菜をちょーだい!と頼んだら、お店の奥から持ってきてくれました。店先に並んでないから、なにが出てくるのかちょい不安ですが、鷹の爪、昆布が葉と葉のあいだに挟んであって、ちゃーんとした白菜の漬けもんです。もちろん、自家製。しかも、デカい!




これがね、あっさりとした味で、いいかんじですわ~。で、シャキシャキボリボリとした歯ごたえが絶品です☆
しかも、500gで350円という、ちょっと見たこともないような値段☆

スーパーだと、この歯ごたえがモノ足りんのですよね。
それにしてもこの値段…、今どき、奇跡ですな。
次は、ナスとキュウリも買ってみよう。




横田漬物店
大阪市北区菅原町3-5
tel. 06-6364-9127

0 件のコメント:

コメントを投稿