2013/09/07

「キタ歓楽街 違法営業自主規制 ビルオーナーら新部会」

「キタ歓楽街 違法営業自主規制 ビルオーナーら新部会
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20130907-OYT8T00108.htm

JR大阪駅の南側。阪急東通り商店街やお初天神通り商店街、太融寺や堂山。このエリアは、この夏はガールズバーがらみの事件が立て続けにあったし、この界隈の治安回復はやっぱ喫緊の課題ですね。
安心して人が集まる街にしていくのなら、なおさらのこと、治安を改善させるところから街の格を上げねばなりません。
治安改善の一環としての観光情報の整備や観光案内など、新たな取り組みもはじまっています。

このたびは、キタ歓楽街環境浄化推進協議会(年2回、環境浄化のためのパレードに僕も参加しています)で、ビルオーナーか管理者による部会が設立され、自主規制基準がつくられました。
「違法な営業や違法客引きが行われれば、ビルはその拠点になる。所有者としての責任を果たしたい」
そう語る難波さんの言葉は重いですね。
この記事には反対意見も併記されているわけですが、たしかに悪質な店や違法店の完全排除に乗り出せば、テナントが埋まらない可能性は残るでしょう。
これはもう、どんな街を目指すのか、ということに尽きるんでしょうね。
社会の暗闇を全部引き受けるような場所にしたいのか、そうではなくて、健全で安心できるまちにしたいのか。
そういうところから話をしなければならないのだろうな、と、思います。

写真は、年2回行われる、キタ歓楽街浄化推進パレードから。

0 件のコメント:

コメントを投稿