2013/10/24

食品偽装について思うこと



阪急阪神ホテルズが食品偽装。
阪急系列のホテルの宴会担当営業マンとは懇意にしているので、早速、謝罪の連絡がありました。
こーゆーとき、現場の営業が一番割りを食いますね。

食品偽装は、もちろんいけない。不誠実。商売では嘘をついてはいけません。せっかく築き上げてきたブランドにも大きな傷がつきます。
詳細は知らないけれども、こんなもん、情状酌量の余地はないと思います。
もし、健康被害にかかるものがあるとしたら、なおさらですね。ないことを祈ってますけど。

ただね、
沖縄豚と国産豚を食べ比べてその違いがわかるほどの鋭利な舌の持ち主ではない僕としてはですね、ふーん、というくらいのもんでしかないですわ。
沖縄豚と表示された国産豚を食べて、やっぱ沖縄豚は美味いっ!と嬉々として食ってる自分もいるわけでね。
いつからでしょうね、あっちこっちの店が、○○産の〜、って能書きを書くようになったのは。
美味くて安ければ満足するし、そうでなければ、次は行かないだけです。○○産って、ほんと、どうでもいい。
食べるもんは、目で、耳で、能書きで食べるもんではなくて、舌で味わうものではなかったか、と、僕は思うのですよ。

ここ数年、宮崎地鶏が、なんてのも多いけど、大阪のあっちにもこっちにも出せるほど宮崎の地鶏ってあるのか?と、少々訝しんでいる僕としては、そんなことを思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿